このエントリーをはてなブックマークに追加

やり取りの様々なケース

相手から、お祝いギフトを差し出されたからと言って、即座に受け取ると、あつかましい人だと思われるケースも少なくありませんので、気をつけなくてはいけません。
そのような事情から、「どうぞ。
」「いえいえ、とんでもない。
」などといったやり取りを延々と繰り返している光景を、日常生活や、テレビドラマのワンシーンなどで目にする機会は少なくありません。
ただ、そのようなやり取りは、どちらか一方が譲歩して、引き下がらなければ、終わることがありません。
したがって、あまりにも長い間、そういうやり取りを繰り返すと、相手から不快感を持たれることにもなり兼ねませんので、適切なタイミングで相手に譲ることも大切なファクターになってきます。
また、相手が謙遜したり、遠慮したりしている場合には、お祝いを受け取るようにすすめ続けることも良いと考えられます。
しかしながら、相手が本当に嫌がっているようなシーンでは、贈りものを差し出したことに関して謝罪の気持ちを伝えるとともに、それを取り下げるべきであると思われますので、気をつける必要があります。
例えば、敬老の日に贈りものをする場合などは、そのような問題が発生するリスクが高くなると考えられます。
敬老の日は、お年寄りに対して敬意を払う日として、数多くの日本国民に親しまれているようです。
しかし、こちらの日にプレゼントを受け取ると、相手から年寄り扱いされていると感じ、かえって気分を悪くする人も少なくありませんので、気をつけなくてはいけません。
だからと言って、日ごろから世話になっている人に対して、この日に何も贈らないでいると、「感謝の気持ちが足りない。
」などといった悪いイメージを持たれるリスクも決して低くはありません。
そのような事情を考慮すると、敬老の日のプレゼントをするか否かは、相手の考え方や性格、ライフスタイル、生活サイクル、職業など、多様なバリエーションのファクターを考えに入れて、慎重に決定することが大切になってくるでしょう。
例えば、日ごろから若づくりをしていたり、実際の年齢にはそぐわないハードな仕事をしていたりする人に対しては、そういったプレゼントをしない方が良いものと思われます。
また、電車やバス、地下鉄などといった公共交通機関の中などで、席を譲られることに対して、高齢者扱いにされたと腹立たしく思うような人に対しても、それらの贈り物をしないのが得策であると考えられます。
また、
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.