このエントリーをはてなブックマークに追加

贈るアイテムの選択方法

私たちの日常生活の中で、誕生日やバレンタインデー、ホワイトデー、起工式、創立記念式典、出産、婚約、結婚、志望校への合格、入学、卒業、七夕、クリスマス、七五三、還暦、喜寿、米寿、引越し、事務所の移転、栄転、昇格、子どもの日、敬老の日、母の日、父の日、感謝祭、ハロウィンなど、喜ばしい出来事やおめでたいイベント、年中行事などがあった時に、お祝いギフトを贈ったり、もらったりするシーンは少なからず見受けられます。
それらのプレゼントの中には、もらった人がたいへんうれしく思い、一生大切にしたいと願うような素晴らしい物も数多く存在すると思われます。
しかしながら、その一方で、同じ機能を果たすアイテムをすでに所有していたり、必要性が無かったり、デザインやカラーなど、外見的な印象が好みで無かったり、使い勝手が悪かったりして、実用に適することなく、物置や押し入れの中などに長期間にわたって放置されたり、別の人へのプレゼントに使われたり、買い取り専門業者や見ず知らずの消費者などに売られたり、廃棄されたりするケースも少なからず存在するのが実情のようです。
自分の贈ったものが、そのような扱いを受けるのは、数多くの人たちにとって、好ましくないと感じられることでしょう。
そういう事態を招かないためには、プレゼントをもらう相手の立場に立って、好ましく思ったり、必要性が高かったりすると予想されるアイテムを贈るように気をつけることが重要になってきます。
例えば、出産祝いと称して、乳母車やベビーカー、赤ちゃん用の服、人形、おもちゃ、よだれかけ、哺乳瓶、紙おむつなどを、就職や入学、合格、卒業などのお祝いに腕時計や万年筆などをプレゼントする人は少なくないようです。
確かに、子どもが生まれたり、実社会へ出たり、新しい学校へ通うようになったりすれば、それらのアイテムが少なからず必要になることは間違いないでしょう。
ただし、それらのアイテムの中には、同じ機能を有するものを数多く贈られると、使い道が無いばかりか、置き場所に困り、かえって迷惑することにもなり兼ねないものが少なくありませんので、気をつける必要があります。
特に、ベビーカーなど、多くの保管スペース必要とするものは、他の人と重複して贈ることの無いようにしましょう。
をまた、服や靴などを贈る場合には、サイズや性別によって、使い勝手が悪いケースも少なからず起こり得ますので、注意しなくてはいけません。
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.