このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の適性やニーズの考慮

プレゼントをした相手に喜んでもらうためには、相手の趣味、趣向や価値観、ライフスタイル、生活サイクル、職業、性別、年令、置かれている状況などを考慮して、適切なアイテムを選ぶことが大切なファクターになります。
ただし、お祝いギフトを贈る時には、数多くの人たちから同じ品物が贈られて、同一の機能を果たすアイテムが重複してしまうリスクが低くありませんので、注意する必要があります。
とは言うものの、相手が、同じ品物を所有しているか否かや、他の人がどのようなアイテムをプレゼントするかなどといった事柄を、そう簡単に知ることが出来ないケースも数多く存在すると思われます。
また、自分の選んだ色やデザイン、機能性など、アイテムの仕様が、果たして相手の好みに合うのか、相手が必要としているものなのかなどといったファクターも、容易には分かり得ないケースが多いことと考えられます。
そのような時には、汎用性の高い消耗品や、商品券、図書券、ギフトカード、テレフォンカード、トレーディングカード、カタログギフト、現金などをプレゼントすることも検討すると良いでしょう。
ただし、携帯電話やスマートフォンなどが普及したことによって、公衆電話を利用する消費者の数が減ってきている昨今では、テレフォンカードの利用価値も下がってきているという話ですので、気をつけなければなりません。
また、贈りものをする場合には、中身だけではなく、包装紙やリボン、パッケージなどといったものにも注意を払うことが重要になってきます。
肉親や学校のクラスメイト、後輩、職場の同僚、部下、クラブ、サークルの仲間、教え子など、気の置けない間柄にある人や、自分より目下の人に、日常の何気ないシーンで贈るアイテムに関しては、そのような気を遣う必要は少ないと考えられます。
それに対して、通学先に於ける先輩や教師、勤め先企業の上司、顧客、コミュニティーサークルの講師、監督、師匠、兄弟子など、自分よりも目上の人に対して、かしこまったシーンでプレゼントする品物は、ラッピングなどにも細かい気配りをすることが必要となるでしょう。
例えば、現金などは、そのまま手渡しすると失礼にあたるので、お祝い用ののし袋に入れて渡すのが一般的です。
また、業務用の包装紙や段ボール箱などを流用することは避け、プレゼント用にラッピングをすることで、相手を大切に思う気持ちを表現することが可能になるでしょう。
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.