このエントリーをはてなブックマークに追加

汎用性の高い贈りもの

お食事券やトレーディングカード、特定のショップやサービスの料金割り引き券、ギフトカード、商品券、テレフォンカード、回数券などといった金券やカタログ、宝くじ、馬券、現金などをお祝いギフトとして贈ることによって、贈り物の汎用性が高くなり、品物を選ぶために必要とする時間やエネルギー、コストを節約したり、アイテム選択を誤って、多様なバリエーションのトラブルを引き起こすリスクを減らしたりすることが可能になるでしょう。
例えば、旅行好きの人には、トレーディングカードを、屋外の公衆電話を利用する機会の多い人には、テレフォンカード、ギャンブルをこよなく愛する人には宝くじや馬券などを、本をよく読む人には図書券を贈るなどといった利用方法が考えられます。
ただし、消費者の中には、旅行や賭けごと、読書などをほとんどしなかったり、携帯やスマホ、PHS、自宅やオフィスなどの固定電話、インターネット電話などを利用する機会はあっても、公衆電話を使うことはなかったりする人も少なからず存在しますので、注意する必要があります。
そのようなことを考慮すると、ギフト券や商品カード、カタログなどの方が、より一層幅広いジャンルのアイテムを購入したり、サービスを利用したりするために利用することが出来ると思われます。
ただし、商品券などの場合、百貨店など、使用することの出来る店舗が限られているのが一般的です。
また、贈ったカタログの中に、相手の気に入ったり、必要性が高かったりする商品が存在しない可能性は少なからずあることと考えられます。
そういう諸々の問題を解消するためには、現金をプレゼントするのが良いと思われます。
現金の場合には、ショップやサービスの種類にかかわり無く使用することが出来ますから、最も利用範囲の広い贈りものと言うことが出来るでしょう。
ただし、現金の場合には、贈りものをするシーンや相手との関係の深さ、相手や自分の年齢、立場などを考慮して、適切な金額を包むようにすることが重要なファクターになってまいります。
例えば、相場よりもはるかに安い金額や、中途半端な金銭などをプレゼントすると、相手に対して失礼にあたるケースが少なくありませんので、気をつけることが必要になります。
どの程度の金額を贈るのが妥当であるのかについては、自分のまわりの年長者や、経験の深い知り合いなどに話を聞いたり、書籍やネットなどで情報収集したりすると良いでしょう。
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.