このエントリーをはてなブックマークに追加

ギフトを贈るタイミング

志望する学校の入学試験や企業の採用選考試験に合格したり、勤め先企業における栄転や昇格が決まったり場合には、合格通知や内示などを受け取ってから、お祝いギフトを贈ることが可能になると思われます。
そのような場合には、なるべく早い時期に贈り物をすることで、相手に対する深い愛情や、強いお祝いの気持ちを伝えることが出来ると考えられます。
また、旅行に出かける予定があることを、風のうわさで知ったとすれば、実際に旅立つ前に餞別を渡すのが良いと思われます。
そのように、餞別は、旅立ちの前に渡すのが一般的なエチケットになりますので、旅行が終わった後に、相手が旅をしたことを知った場合には、餞別として金銭を贈ることは慎んだ方が良いものと思われます。
ただし、入学や出産、結婚、婚約、引っ越し、事務所の移転、誕生日、記念式典、クリスマス、お祭りなどの場合には、それらのことが起こってもいない段階でプレゼントを渡すのは、マナーに反する行為と受け取られるケースが少なくありませんので、気をつけることが必要になります。
それらの出来ごとやイベントなどは、多様なバリエーションの事情によって延期になったり、中止されたりすることも少なからず想定されます。
そのような事情を考慮すると、少なくとも、実際に起こった当日か、その後に贈りものを渡すのが良いと考えられます。
ただし、それらの出来ごとがあったり、イベントが開催されたりしてから、あまりにも長い期間が経過した後で、お祝いの贈りものをするのは、相手から、非常識だと思われるリスクが低くありませんので、慎んだ方が良いでしょう。
また、七夕や子どもの日、父の日、母の日、還暦、米寿、喜寿、ハロウィン、感謝祭など、特定の日や開催期間中に贈りものをしたい場合には、宅配便業者などが提供している、配達日指定サービスを利用するのもひとつの方法になります。
インターネット上のショッピングサイトなどを通じて買い物をすると、特に配達日の指定をしない限り、商品の手配が出来てから、配送は、なるべく早くおこなわれるのが一般的になります。
それに対して、アイテムの購入手続きをする際に配達日を指定したり、配送業者に直接連絡をして、希望する配達日を伝えたりした場合には、その日に商品が送り届けられることになります。
ただし、指定することの出来る日は、購入手続きが終わってから一定の期間が経過した後である場合が多いので、注意が必要です。
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.