このエントリーをはてなブックマークに追加

多様なウェブサービスの利用

インターネット上のショッピングサイトなどを利用して購入した商品を、お祝いギフトとして直接相手に送り届ける人たちも少なからず見受けられます。
そのような場合には、配達日時の指定サービスを有効活用することも重要なファクターになってきます。
例えば、誕生パーティーの開かれる時間帯が決まっている場合には、その時間に荷物が配達されるよう指定することで、適切なタイミングでプレゼントを届けることが可能になるでしょう。
ただし、天候や交通事情などによって、指定された日時に配達がおこなわれないケースも少なからず存在しますので、注意することが必要です。
とは言うものの、そういったやむを得ない事情があった訳でもないのに、配送スタッフが配達日時の指定があることを見落としていたり、自社や自らの都合を優先して配達日時を変更したりした場合には、カスタマーセンターなどにクレームをつけるなどといった対策を講じるのも良いと思われます。
そのようにしておかないと、同じようなことが繰り返されて、自分だけではなく、他の消費者にも迷惑が掛かる可能性も少なくありませんし、スタッフが、そのような怠慢を認められたと勘違いしてしまうのは、業者にとっても決して良いこととは言えないでしょう。
また、そのように直接相手の自宅にギフトを贈る場合には、自らが商品や荷物の梱包状態などをチェックすることが出来ないという問題点があります。
そのようなリスクを軽減するために、ラッピングや配達日時の指定、商品タグや値札の切り取り、請求書や明細書のあて名、住所の変更などといった多様なバリエーションのサービスを有効活用すると良いでしょう。
ただし、そのような諸々の対策を講じたとしても、荷物のコンディションが気になったり、自らのオリジナリティあふれる包装などをしたかったりする場合には、いったん自分が商品を受け取ってから、相手先に発送すると良いでしょう。
ただ、その場合には、配送が二回に分けられますので、その分だけ時間やエネルギー、コストが多く掛かることになりますから、注意する必要があります。
また、指定した日時に、荷物が送り届けられるかどうかが心配な場合には、自らが相手の自宅へ出向いて、直接プレゼントを渡すと良いでしょう。
そのように、業者へ配達を依頼するよりも、直接手渡しをした方が、相手を大切に考えていることが伝わり、相手から持たれる印象も良くなるケースが多いと考えられます。
Copyright (C)2017相手を見て考える!お祝いギフトあれこれ.All rights reserved.